■スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2019.06.19 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




■狭井神社

狭井神社(さいじんじゃ)

2011年5月訪問

〒633-0001: 桜井市三輪1422(大神神社の境内の内) 

電話番号:0744-42-6633

lhttps://www.city.sakurai.lg.jp/kanko/syaji/kashiramoji/sagyo/1395300055916.html

 

先月号の長岳寺から更に南へ「山の辺の道」を進むと、桜井市の「狭井神社」が

あります。

「山の辺道」は日本最古の道として、古代の息づきが感じられる人気の高いハイ

キングコースです。
狭井神社には、大神神社通称、三輪神社の横から「くすり道」を進むと山の中腹

にあります。
主祭神は「大神荒魂神」といい、ご神水が湧く「薬井戸」があり、病気を鎮める

神様として信仰厚い古社。垂仁天皇の時代にまつられた由緒ある神社です。

 

<狭井神社の本殿>

静寂な森の中にある苔むした屋根の神社は遠い昔を感じさせてくれます。

 

 

<拝殿の右側から大神神社のご神体「三輪山」への登り口があります>

 

 

くくすり道の入り口>

狭井神社へ続く参道には、知恵の神様「久延彦神社」(くえひこじんじゃ)、

「桧原神社」(ひばらじんじゃ)、「盤座神社」(いわくらじんじゃ)、

「少彦名命」(すくなひこなのかみ)があります。

 

 

鳥居をくぐると左手に水の守護神の弁天様を祀っている「市杵島姫神社」があります。

 

<薬井戸>

これが拝殿の裏にある、ご神水の湧き出る「薬井戸」です。
霊験あらたかな湧き水は、「くすり水」とされています。冷たくて清らかな味の

するご神水でした。

 

 

<殺菌処理のコップ>

ご神水をペットボトルに入れて持ち帰りもOKです。でも常識の範囲にして

下さいとのこと。
コップは滅菌処理をされています。

 

 

<水琴窟>

竹筒に耳を当てると、清浄の音が聞こえます。
水は穢れ(けがれ)を払うとされています。この水琴窟は、清らかな心で健康に暮らして

いただきたいという篤信家からの奉納だそうです。

 


 





■長岳寺vol.27

長岳寺(ちょうがくじ)

2011年4月訪問

〒632-0052:奈良県天理市柳本508

電話番号:0743−66−1051

http://www.chogakuji.or.jp/index.html

 

今回は奈良市内から車で20分ぐらい離れた天理市にある古刹、長岳寺へ行きました。


ここは日本最古の街道といわれる「山の辺の道」のほぼ半ばにあり、弘法大師空海が

淳和天皇の勅願によって開基したお寺です。


824年の壮健以来、栄枯盛衰を重ねて1180年間も守り続けられ、12,000坪もある

境内には、四季折々の花が咲く、とても歴史を感じるお寺です。普段は静かですが、

秋には「縦4m横11mの極楽地獄図」が展示されると、たくさんの参拝客で賑わう

ようです。

 

<日本最古の鐘楼門>

弘法大使が長岳寺を創建した当時から残っています。

 

 

本堂

池の前には本堂が見えます。ご本尊は、1151年の「阿弥陀三尊像」、玉眼を使用した

仏像では日本最古のものだそうです。

 

<極楽地獄図の一部分>

 

<方生池(ほうじょうち)>

池の周りには季節折々の木々が植えられています。池の中ではたくさんの錦鯉が優雅

におよいでいました。

 

 

<ぼけよけ地蔵尊>

お地蔵様の足元にかわいいおじいさんとおばあさんの像が立っています。ぼけない

ようにと、お参りをさせていただきました。弘法大師が長岳寺を創建した当時から

残っています。

 

<庫裏(くり)>

盛期には48の塔頭があったそうですが、唯一残っている建物です。

広くはありませんがきれいなお庭です。

 

<旧地蔵院持仏堂>

 

<弘法大使像>

 

<一願成就の鐘>

それいゆのお客様の健康を祈って一打させていただきました。

 

 

古いかまどがいくつもある、昔なつかしい雰囲気の中で、奈良・三輪の名産、

おそうめんをいただきました。

 

 



 

 

 

 

 

 





■不退寺vol.26

不退寺(ふたいじ)

2011年3月訪問

630−8113:奈良県奈良市法蓮町517 
電話:0742(22)5278

lhttp://www3.kcn.ne.jp/~futaiji/index.html

 

本堂

小さいながらどっしりとした本堂です。中には本尊の「聖観世音菩薩像」が安置され

ていて、この像は業平自身が彫ったものだそうです。
また堂内には、業平格子といわれる繊細な感じのする格子があります。

 

 

正式には金龍寺不退転法輪寺といわれています。ここは「伊勢物語」のモデルといわれる

美男子 在原業平が暮らしたお寺として有名で、別名業平寺ともいわれています。

奈良南都、花の古寺として、れんぎょう、かきつばた、すいれん、もみじ、美男かずらなど、

四季の花が咲き乱れるようです。

 

 

南門(鎌倉時代)

南門をくぐれば、これからはれんぎょうの花が満開に咲くようです。

 

住職さん自身で案内してくださいました。

平安時代に業平がすんでいたとされる、池のある静寂なお庭。・・・・

 

 

百人一首の碑

手前が百人一首の碑、後ろが伊勢物語の碑です。

 

石棺(古墳時代)

南門から入って左側の庭に石棺が置かれています。

平塚古墳から発掘されたのもです。

 

多宝塔(鎌倉時代)

もとは2重の屋根だったそうですが、今は初層のみとなっています。

今では不退寺最古の建物です。

お地蔵さん

 





■興福寺vol.25

興福寺(こうふくじ)

2011年2月訪問

〒630-8213:奈良市登大路町48番地
 電話:0742-22-7755
http://www.kohfukuji.com/

 

 

「大和の古刹を歩く」は2009年2月から始め、今回で25回目になります。

奈良にはまだまだたくさんの社寺仏閣がありますので、継続して古刹を歩いてみたい

と思います。


今回は、阿修羅像を安置されていることで有名な興福寺へ行ってまいりました。
興福寺では、2月15日には、本坊で涅槃会の法要が行なわれます。
表参道の三条通りから猿沢池を通って境内に入ります。興福寺には塀がないので

奈良公園の大自然と一体になって存在します。

 

阿修羅像(重要文化財)

 

阿修羅さんは、三面六臂(さんめんろっぴ)、椀釧(わんせん)を付け板金剛

(いたこんごう)を履いた像で、他の仏像と随分お姿が違います。
お顔は美青年、どこか悲しんでいるようにも見えます。
体が1つ、顔が三つ、手が六本というお姿は不思議を感じます。

 

仏涅槃図(ほとけねはんず)

涅槃会(ねはんえ)は、お釈迦様が亡くなられた日の行事です。

お釈迦さま最後の説法である「遺教経」(ゆいきょうぎょう)などを読誦し法要が

行われます。

 

三重の塔(国宝)

鎌倉初期に再建され、興福寺の中の建物では最古です。秘仏は毎年7月7日七夕

さんの日の「弁財天祭」に1日だけ開扉されます。(人力車に乗って・・・)

 

 

五十二段の石段(世界遺産)

段数の五十二という数字は仏教との意味合いで五十二段の石段が造られました。

 

薪能金春発症の石碑

ここが薪能発症の地だそうです。

そういえば毎年5月になると薪御能が行なわれてます。

 

南円堂(重要文化財)

江戸時代に再建された日本最大の八角円堂です。ここは西国33箇所第9番札所の不動堂です。

 

北円堂(国宝)

日本で一番美しい八角堂だそうです。

 

猿沢の池

はがき絵で有名なロケーションです。ここにたたずむと、時の流れが穏やかに感じ、

いつまでも眺めていたい気持ちになります。ここが薪能の発祥の地だそうです。

 

 

 

 

 





■橿原神宮vol.24

橿原神宮(かしはらじんぐう)

2011年1月訪問

〒634-8550: 奈良県橿原市久米町934
電話:0744-22-3271

http://www.kashiharajingu.or.jp/

 

 

奈良県橿原市の橿原神宮へお参りさせていただきました。
橿原神宮は、明治23年に大和三山の畝傍山を背景に、初代天皇とされている

神武天皇をお祀りされています。
50万もある広大なロケーションのなかに大きな深田池もあり、どこを見ても広々と

して大社らしい荘厳さを感じます。
現在でも皇族のゆかりのある神宮です。

 

 

鳥居

 

 

外拝殿

外拝殿の向かって右側に大絵馬が飾ってあります。

 

 

内拝殿

 

きれいに掃き清められた玉石。この奥に本殿があります。外拝殿、内拝殿、本殿が

直線上に建立されています。


 

 

大絵馬

卯年は、優しいお顔のうさぎが二匹。幅4m 高さ4.5mで通常の絵馬の1600倍もある

大きさです。(上村淳之 作)

 

灯籠

拝殿の横の廊下にきれいに並んでいる灯籠

駐車場の手前にもう一つ橿原神宮と書かれた入り口がありました。

 

深田池の白鳥

 

深田池のマガモ


 

 





■東大寺vol.23

東大寺(とうだいじ)

2010年12月訪問

〒630-8587:奈良市雑司町406-1 
電話:0742-22-5511 

http://www.todaiji.or.jp/

 

大仏殿(東大寺金堂)

世界遺産の、奈良の東大寺大仏殿へ行きました。
奈良は平城遷都1300年祭の最後の月として、賑わいを見せています。その中でも

最大の人気スポットは何といっても大仏様です。


実際に訪れたことがあるという方が多いと思いますが、奈良の文化を今に伝える

大仏様を悠久の都から紹介します。

 

大仏様

いつ見ても大きさに感動します。

創建当時の大仏様は黄金色に輝いていたそうです。この大きさで輝いていたなんてすごい!

 

 

 

大仏様の手の模型

 

柱の穴くぐり

この穴の大きさは大仏様の鼻の穴と同じです。

お尻が大きくてくぐれません。ピース!

大仏様の不思議

★頭と手の色がなんとなく違うのは?

 地震や兵火などで破損したので再建されました。奈良時代のものは台座だけです。

 手は桃山時代、頭は江戸時代に再建されたのもです。

 

★大仏様の大きさは?

 高さ14.98m・重さ380t、頭5.41m・目長1.02・耳長2.54m

 

★大仏様の名前は?

 廬舎那仏(ルシャナブツ)といい、すべての生き物を慈しみ育み、世界を照らす仏様

 という意味です。

 

★大仏殿(東大寺金堂)の大きさは?

 創建当時は幅86.1mでしたが、2度の兵火にあって再建され今は幅57mとなり当初の

 2/3の大きさになっています。それでも世界最大級の木造建築物です。

 高さをビルに例えると16階建てに相当します。

 

★瓦の数は?

 普通の家の4倍の大きさで10,9400枚です。

 

★天井の格子は?

 大仏様の頭の上の天井の太い格子は、1桝4畳半あります。足元の石1つが細かな

 格子の1個に当たります。

 

★大仏様の手の意味は?

 右手は、人々のおそれを取り除き、安心させて救済することを表し、左手は、

 人々の願いをかなえるという慈悲の心を表しています。

 

★頭のつぶつぶは何?

 つぶつぶは螺髪(ラハツ)といって巻貝のことです。1個で白菜ぐらいの大きさがあります。

 大仏様には966個あってこれは仏様の体の特徴です。

 

★大仏様はなぜつくられたの?

 聖武天皇が、仏教によって平和な国家をつくることを願って造立しました。

 7年の歳月と、延べ260万人の人々が働きました。

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





■松柏美術館vol.22

松柏美術館(しょうはくびじゅつかん)

2010年11月訪問

〒631-0004 :奈良市登美ヶ丘2丁目1番4号

電話 : 0742-41-6666

https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/shohaku/

 

11月と言えば、芸術の秋です。
今月は、古刹ではありませんが、私の大好きな松伯美術館へまいりました。

松伯美術館は、日本画家の上村松園(しょうえん)、松篁(しょうこう)淳之(あつし)

と親子3代の画が展示されています。


この場所は、元近鉄日本鉄道の名誉会長の佐伯勇の邸宅敷地で、周りには大渕池があり広い

お庭には、木々が四季を楽しませてくれます。また落ち着いた茶室の庭は喫茶になっている

のでお茶をいただけます。
すべて素晴らしいのですが、一番好きなところは美術館の中にある池です。


 

館の玄関

日本庭園の入り口から階段をのぼるとオシャレな玄関が迎えてくれます。

 

画/母子(1934年)

上村松園(1875〜1949)気品ある女性像から慈悲あふれる愛を感じます。

 

画/汀(みぎわ)

上村淳之(1933〜)広大な敷地に263種、1600羽余りの鳥類を飼育しながら制作をさ

れています。

 

画/月夜

上村松篁(1902〜2001)花鳥画は繊細で優美、気品あふれる画は見るほどに感動させられます。

 

館内にある池

とても静かな場所で、鯉の泳ぐ姿を眺めていると現実を忘れます。


画/万葉の春(1970年)

上村松篁(しょうこう)の描いた万葉の世界を中心に展示されていました。

この写真は、偶然にも新聞社が取材撮影されていて、私達が鑑賞しているところを新聞に掲載

されました。


 

 





■秋篠寺vol.21

秋篠寺(あきしのでら)

2010年10月訪問

631-0811奈良市秋篠町757

0742-45-4600

https://narashikanko.or.jp/spot/temple/akishinodera/

 

本殿

鎌倉時代に改修されました。飾りもなくシンプルな建物は「和洋仏堂」とも呼ばれる様式で、

堂の周囲には縁がなく、お堂内部は土間になっています。本尊は薬師三尊像です。

 

ここは奈良市郊外の秋篠町の、静かな住宅街の中にひっそりと建つ古刹で、天皇家

とも関連の深い寺院です。平城旧跡からも西大寺からも近いところに位置しています。
別名苔のお寺ともいわれ、静かで落ち着きのある風情は、訪れる人が絶たない人気の

お寺です。

 

東門

 

 

南門

 

苔寺

このお寺の魅力、苔庭です

 

霊水が湧いています。普段は公開されていません

 

技芸天立像

秋篠宮妃殿下の紀子さまの横顔が似ているとも言われていて、このお寺で一番人気のある

仏様です。諸技、諸芸の守護神として有名です。少しひねったしなやかな立ち姿は見る

ほどに惹きつけられます。また仏様を間じかに見られるので感動しました。

 

大元堂

 

大元師明王像

 

普段は6月6日の年に1日しか公開されない秘仏ですが、今年は平城遷都1300年祭の特別公開

として11月8日〜11月21日まで拝観できます。

日本に一体しかない貴重な仏様だとか、首や足に蛇が巻きついた迫力のあるお姿です。

 

礎石

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 





■なら仏像館vol.20

なら仏像館

2010年9月訪問

〒630-8213:奈良市登大路町50番地

電話:050-5542-8600
https://www.narahaku.go.jp/guide/02.html#

 

なら仏像館(旧奈良国立博物館)

なら公園内にある「なら仏像館」に行きました。
ここは、この前まで、奈良国立博物館と言っていましたが、7月に入ってから

「なら仏像館」という名称に変りました。名前のとおり仏像が展示されています。

この期間の展示は、飛鳥時代から鎌倉時代に製作された仏像などの名品を中心に

展示されています。

館内には、今流行の仏女の方(仏教好き、仏像好きの女性)もたくさん拝観され

ていました。

 

館内に足を踏み入れたとたん、真正面意十一面観音菩薩様が安置されておりすぐさま

別世界に引き込まれました。

 

新しくなった照明の中で優しくたたずまれる仏像たち。

 

 

 

鎌倉時代 

南無仏太子立像(なむぶつたいしりゅうぞう)

 

これは聖徳太子の2歳の時の像だそうです。

あたたかな味のあるとてもかわいい姿です。

 

私は仏女ではありませんが、館内の薄明かりの中で静かに仏様と対面していますと、

なにかしら心が落ち着くとでもいうのでしょうか、安らぐと言うのでしょうか、

ありがたい気持ちになりました。

そして現在生きていることに喜びを感じました。

 

 

東大寺法華堂金剛力士

奈良時代 阿形(326.4僉

 

奈良時代

吽形(うんぎょう)306

 

 

2対の金剛力士の大きさと、力強さに吸いこまれます。

背面も見られる展示方法でした。



 





■喜光寺vol.19

喜光寺(きこうじ)

2010年8月訪問

〒631-0842:奈良県奈良市菅原町508

電話:0742-45-4630 

http://www.kikouji.com/

 

本殿

奈良に西にある花蓮で有名なお寺、喜光寺に行きました。

地元の人たちは「行基さんのお寺」または菅原の里にあるので「菅原寺」とも呼んでいます。

 

2010年5月1日に再建され仁王像も真新しくなりました。

 

正門南大門

 

喜光寺の正門の南大門がこの5月に再建された所で、鮮やかな色をしています。

このお寺は行基さんが建立したお寺です。

行基菩薩が東大寺大仏殿を建立する時に、このお寺の本堂を参考にしたと伝えられ

今でも本堂のことを「試みの大仏殿」と呼ばれています。

 

行基菩薩

私たち地元では「行基さん」と親しみのある呼び方をしています。

 

弁天堂

 

普段は秘仏ですが蓮の最盛期には公開されますので、運よく拝観できました。

 

 

蓮の鉢が230鉢、種類は約100種、朝の光を受けて鮮やかに咲いています。

花蓮は朝に開花して午後には花を閉じ、また翌朝に開き、2日間私たちを楽しませてくれます。

 

 

 

池を見ると私の好きなモネの絵画「睡蓮」を思い出します。

 

 

 

 

 

 

 


| 1/3PAGES | >>

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

はとむぎはこちら


おいしい!はとむぎ料理
↑はとむぎレシピ公開中!

国産はとむぎ専門店 それいゆ株式会社
↑ハトムギのお買い物はコチラ

グループサイト

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM